top of page

まどかに、始まります。

まずは、「まどかに」の名前の由来について説明します。

「まどかに」とは有名な禅僧の言葉、「種智をまどかにせんことを」からいただきました。仏教の象徴的な花である蓮は、泥だらけの沼地から息が止まるような綺麗な花を咲かせます。種の中には、必ず芽を出して葉を伸ばして花開くだけのものがすべて備わっています。私達の心の中にも、智慧の花を開き実を結ぶことのできる力をみんな生まれながらに持っているはず。「円かにせんことを」とはその誰もが持っている素晴らしい能力を十分に発揮することができますようにということであります。痛みの患者は、長く痛みに苦しんで、仕事や生活に困り果て、自信を無くしてしまっている方が多くいます。そういった人々に寄り添い、助言、導きをさせていただき、本来のあるべき姿に向かっていってほしいという願いが込められています。助詞の「に」を最後につけることで、方向性を示しています。


クリニックロゴにある花弁は、金沢区の花、牡丹です。江戸時代には「泥亀の牡丹」と言われ、有名だった牡丹の花を冠に掲げさせていただくことで、八景という地域根差した医療を目指す決意を示すものであります。




閲覧数:244回0件のコメント

最新記事

すべて表示

うつ病と慢性痛

40代の男性、喉のつっかえ感、胃の痛み、鎖骨の下の痛みを訴え、まどかにを受診いただきました。 前にかかった病院で、胃カメラの検査やMRI検査をしましたが、特に問題はなかったそうです。 その症状や痛みはよくなったり悪くなったりするようでした。 それ以外に、 集中力が上がらない 気分が上がらない 何も楽しめない などの感情の問題がみられていました。実際に、対面していても全く笑顔はなく、眉間にしわを寄せ

祝 開業1年

昨年5月に新規開業して、1年が経過しました。 多くの方にお世話になりながら、なんとかやってこれました。 今まで他に類を見ない慢性痛の専門病院として開業することに、当時はとても不安があり、やれるところまでやってみようと思う気持ちでした。 一年で300人以上の患者さんに来ていただき、感謝しかありません。慢性痛に苦しむ方や、その家族や彼らを支える人たちのためにも、精一杯のことをこれからもし続けようと思っ

平林医師のオンラインカウンセリング

’まどかに’のメインスタッフの一人、平林万紀彦医師によるオンラインカウンセリングのホームページができました。 最近では、海外で仕事をする方が非常に増えてきました。長期間の滞在の場合、その夫や妻が一緒に海外に移り住むケースもよく見られています。慣れない海外生活やコミュティーの希薄さ、マイノリティーとしての生きづらさ、孤独などにより、国内ではみられなかった心理的なストレスに押し潰されそうな状態に陥るこ

Opmerkingen


bottom of page