top of page

飛猿、光臨!

月刊誌Anchor8月号に当院の取り組みについて記事が紹介されております。

異業種ネットというwebメディアにもその記事が掲載されております。


今年の5月に雑誌アンカーの取材を受けました。インタビュアーには、水戸黄門の忍者飛猿役の野村将希さんが来てくださいました。水戸黄門や筋肉番付けのテレビ番組で活躍されていた役者さんなので、見栄えもすごかったしダンディーでかっこよかったです。


HPやSNSなどでも、当院の取り組みについて発信していますが、さらに異なる媒体でのPRが必要と思っていました。この月刊誌Anchorはしかもいろんな新規の業種が紹介されている紙雑誌で、一般向けというよりは会社や業界向けのものです。保険診療の枠にとらわれない、もっと自由で発想豊かな新しい医療モデルの私の考えを社会に伝えたいと思いました。

今回「特別企画:地域再生ー企業はひとなり」という企画の中で、全15種の異業種の紹介の中に、医療分野では当院が唯一の取材でした。


前のめりで1時間半ほどずっとしゃべり続けた取材だったので、記者さんもこんなに活力あふれた人は初めてですと言われてしまいました。もし、街中で雑誌を見かけましたら、手に取ってみてください。












閲覧数:143回0件のコメント

最新記事

すべて表示

うつ病と慢性痛

40代の男性、喉のつっかえ感、胃の痛み、鎖骨の下の痛みを訴え、まどかにを受診いただきました。 前にかかった病院で、胃カメラの検査やMRI検査をしましたが、特に問題はなかったそうです。 その症状や痛みはよくなったり悪くなったりするようでした。 それ以外に、 集中力が上がらない 気分が上がらない 何も楽しめない などの感情の問題がみられていました。実際に、対面していても全く笑顔はなく、眉間にしわを寄せ

祝 開業1年

昨年5月に新規開業して、1年が経過しました。 多くの方にお世話になりながら、なんとかやってこれました。 今まで他に類を見ない慢性痛の専門病院として開業することに、当時はとても不安があり、やれるところまでやってみようと思う気持ちでした。 一年で300人以上の患者さんに来ていただき、感謝しかありません。慢性痛に苦しむ方や、その家族や彼らを支える人たちのためにも、精一杯のことをこれからもし続けようと思っ

平林医師のオンラインカウンセリング

’まどかに’のメインスタッフの一人、平林万紀彦医師によるオンラインカウンセリングのホームページができました。 最近では、海外で仕事をする方が非常に増えてきました。長期間の滞在の場合、その夫や妻が一緒に海外に移り住むケースもよく見られています。慣れない海外生活やコミュティーの希薄さ、マイノリティーとしての生きづらさ、孤独などにより、国内ではみられなかった心理的なストレスに押し潰されそうな状態に陥るこ

Commentaires


bottom of page